高いっ!


タクシー料金が値上げだそうで、ただでさえ高いと思うタクシーが、さらに値上げしてどうするんだろうか。

タクシーが必要になるのって、一部の社用族以外にとっては(真の金持ちはタクシーなんぞには乗らん)、週末の飲みの帰りとか、他の交通機関がわやになった時ぐらいのもんだから、値上げするよりは、値下げして需要を喚起するとか、需要がない平日はドライバーを他の仕事に割り振るとか、色々工夫した方がええんじゃないかとは思うが、そもそも大した需要がないのに、値下げしたらどうにもジリ貧になってしまうだろうから、仕方ないのだろう。

タクシーのカーナビ実装率が上がり、車の運転さえ出来れば、本当に誰でもできる単純労働になってきているから、料金が値上がりしたとしても、タクシードライバーの賃金を上げるのは難しいだろう。
だから、冬柴国交相が記者会見で言っている、運転手の賃金が低くうんぬんってのは、あまり根拠のあることとは思えない。

最近のタクシーは、カーナビやら、ドライブレコーダーやら、監視カメラやら、ごてごてと色んなものを装備しているそうなので、そういった設備投資を賄うために値上げするんじゃないかという気がする。
つまり、運ちゃんの賃金を上げるための値上げではなく、ナビとかレコーダーとかを作ってるメーカーや、それら装備の仲介業者を潤すための、ある種のバラマキなんじゃないかと。

どうせ乗らないからいいんだけどね。

WiMAX キャンペーン

都のタクシー 初乗り710円に